不動産会社の仕事内容

住むところを紹介してくれる不動産屋の仕事とは

不動産会社の業務内容

不動産屋に持つイメージと実際

われわれが引っ越す際に大変お世話になるのが不動産屋さんですね。
必要不可欠なものでもありどの街にも必ず存在し、数の多さも桁違いといえます。
そしていざたずねると数多くの物件からベストなものを選択してくれ、金額的なところもしっかり説明してくれます。
あと規模も数がものすごくあります。
会社名義でTVCFなどでもたくさん目にする業者、小さい規模で掘り出し物の物件を見つけてくれるところなど一見ではとてもわからないくらいいろいろありますね。
店員さんの応対もさまざまでものすごく丁寧なところからちょっとコワいなって感じの人までいろいろな人がいますね。
こんな不動産屋さんのイメージと実際はどのように違うのでしょうか。

不動産屋ってどんな業務をしているの

そんな不動産屋さんですが、実際の業務ってどんなことをしているのでしょうか。
私たちに物件を単に紹介するだけではどうもなさそうです。
ですが一見見ただけではまったく業務の内容はわからないですね、かえって余計に良くわからなくなる感じがします。
お店に行くと目立つのは賃貸物件のチラシばかりで他に目立つものはないですね。
ただ、私たちが用途として利用する目的が物件の紹介だけなのでそのようなイメージついてしまっているのかも知れませんね。
特に不動産会社として看板が出ているところは特にわかりづらいですね。
われわれ一般だけを相手にしているのかはたまた業務用途や企業同士のやり取りなどもあるのでしょうか。
また新築マンション、新築住宅などへのかかわりも気になりますね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る