不動産会社の仕事内容

住むところを紹介してくれる不動産屋の仕事とは

一目では分からないほど意外と業務内容が多い

不動産屋で思い浮かぶ仕事の内容

そこで思いつく限りの不動産を例にとった仕事を見てみるとまずわれわれの一番お世話になる賃貸物件の紹介、新築、中古マンションの販売賃貸、中古新築住宅の販売などが浮かび、不動産を紹介して引渡ししているのが大きな仕事のように見えます。
ただそれだけやっていると会社が続くのかしらと余計な心配を思想になりますが、ほとんどの不動産会社が倒産したという話はほとんど耳に入ってきません。
われわれのような素人ではわからない業務がやはりあるのでしょうか。
だとしたらそれはいったいどういった内容のものなのでしょうか。
見ただけではわからない業務がきっとたくさん存在するのでしょうね。
次の章ではそんな不動産のお仕事を探ってみましょう。

色々ある不動産屋の仕事

そこで調べてみると不動産屋には大きく分けて5つの大きな業務が存在します。
まず部屋を売りたい、また買いたい、部屋を貸したい、また借りたいといったニーズにこたえる不動産仲介。
そして建物の管理や貸す側と借りる側の間に入って仲介する立場の仕事である不動産管理。
あと分譲マンションや一戸建て住宅を企画開発する不動産開発。
分譲のマンション、一戸建て住宅を販売する不動産販売。
自己会社が財産で保有している不動産、駐車場、オフィスビルを賃貸する不動産賃貸などがあります。
このように不動産に関してのほぼすべてにわたっての管理、販売等を請け負っているのが不動産屋さんの主な業務といえます。
一見ではわかりづらいですがかなり多岐にわたる業務があるようです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る