不動産会社の仕事内容

住むところを紹介してくれる不動産屋の仕事とは

不動産会社の実際っていったいどういった感じなんでしょうか。

不動産会社の実情とは

さて、そのほかにはいったい不動産会社の業務にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。
他には自己資産の不動産に関して一括した販売を行ったり宅地の買収にあわせて戸売り住宅などを開発企画し販売する場合など、また保険など不動産以外の業務を行っている場合も存在します。
ここでいう保険とは住宅の購入に対する火災保険のことです。
たいていの場合不動産会社が火災保険の代理店を行っている場合が多いです。
あと単純に販売をするだけではなく戸立ての建設そのものや住宅のリフォームの以来を受ける場合も多いようです。
あと特に重要なのは不動産の管理で物件管理と賃貸管理があり前者は販売前の物件の管理、後者は清掃維持の管理とこれは安定収入が見込めるところから重要度が高いといえます。

これだけ有る不動産会社の業務

見てくると非常に数の多い不動産会社の業務内容でしたが、不動産会社といってもジャンルがあり、それによって微妙に内容も異なることがわかってきました。
5種類あげると不動産開発販売事業会社、不動産賃貸事業会社、不動産管理事業会社、不動産流通事業会社、不動産投資事業会社にわかれ、これを統合して会社と名乗っているところもあります。
主な違いは賃貸なのか販売なのか流通なのか投資なのかといったところに分かれるようです。
これらのぎょうむを多角的にこなしているからこそ、不動産会社は単に物件を紹介しているだけではなく、業務も多岐にわたるため、存在数が多いわけです。事情のようなことを十分理解した上でわれわれ消費者も用途に応じて不動産会社を使い分けて生きたいですね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る